FIDO標準の発案者であるNok Nok Labsが好業績を発表、 AppleのFIDOアライアンスへの加盟を歓迎

2020年2月12日
メディア連絡先: Katie Pesek | Merritt Group | 703.390.1505 | NNLPR@merrittgrp.com

コンシューマー向けのパスワードレス認証ソリューション分野で信頼のおけるリーダーであるNok Nok Labs(以下、NNL)は、AppleがFIDOアライアンスのメンバーとなり、ボードメンバーとしてリーダシップを取っていくという状況を受け、幅広い業界においてFIDO標準が受け入れられていることを背景に、過去最高の業績を昨年達成したことを本日発表致します。NNLが共同で創設し、2013年に公式に開始されたFIDOアライアンスは、パスワード認証の利用の際に頻繁に直面する煩わしさや、その脆弱性を回避し、利便性を犠牲にすることなく、業界における認証強化のニーズに応えます。

2019年には幅広い業界でFIDO標準が継続して受け入れられたために、NNLの新規顧客での導入が増加し、既存顧客における利用継続や利用規模が拡大しています。またNNLでは、さらなる活用シーンをサポートするイノベーティブなテクノロジーをリリースしています。
また以下に示す内容も、NNLの成長をさらに後押ししています。

- グローバルにおける戦略的パートナーシップの実現
- GSMAからGLOMOアワードを受賞
- オンラインサービスにおける認証強化を求めるグローバルの規制要件により高まるマーケット・ニーズの顕在化

「Nok Nok LabsとFIDOは本日、重要なマイルストーンに到達しました。我々がFIDOベースのテクノロジーを発案したとき、プライバシーとセキュリティはあらゆる認証ソリューションの核心であり、密接に連携する必要があることは明白でした。 AppleがFIDOの目指す方向に一緒に向かうということは、あらゆるプラットフォームで認証強化を可能にするという当社の当初のビジョンを証明しています。我々が2013年に始めた活動が実り、世界最大かつ最も成功している、ブラウザメーカー、銀行、通信事業者、eコマース事業者、ヘルスケア事業者による導入が進み、グローバルでのユーザー認証の課題解決を支援できることに非常にやりがいを感じています。」とNok Nok LabsのCEOであるフィリップ・ダンケルバーガーは述べています。

Appleエコシステム向けのNok Nok Labsのソリューション

NNLは2014年以来、iPhoneやiPad等のiOSデバイスでのネイティブ・モバイル・アプリケーションをサポートしています。さらに2019年11月にはNok Nok App SDK for Smart Watchをリリースしています。AppleのFIDOアライアンスへの加盟は、ユーザーがどんなAppleデバイスにも認証強化を施すことができる可能性を示しています。Nok Nok S3 Authentication Suiteはネイティブのモバイル・アプリや、最近のSafariブラウザによるFIDOサポートを通じて、強力で利便性の高いユーザー認証をサポートしています。AppleのFIDOアライアンスへのメンバー加盟によって、Safariブラウザを通じてFace IDやTouch IDのFIDO認証が近い将来可能になるものと推測されます。


「AppleがFIDOアライアンスに加盟したことは重要なシグナルです。現在利用可能な認証の代替手段よりも遥かに多くの侵害がパスワード利用の際に発生しています。Appleおよび、他のアライアンスメンバーは、セキュアで、標準ベースの認証にコミットすることで、デジタル・アイデンティティの変換を進めています。これは企業やその顧客において、自身が保護すべき責任を持つデータにとって、責任ある方向に向けての一歩となるでしょう。」と大統領サイバーセキュリティ元特別顧問であり、NNLのアドバイザリー・ボード・メンバーであるRichard Clarke氏は述べています。

「今回FIDOアライアンスは貴重なメンバーを獲得しました。GoogleやMicrosoftのような業界のカウンターパートと共に参加することで、Appleがパズルの最後のピースを埋めることとなり、これですべての主要ブラウザによってサポートされることになります。」とセキュリティ専門家であり、NNLの元アドバイザリー・ボード・メンバーであるJohn N. Steward氏は述べています。

マーケットおよびNNLのモメンタムの加速

Appleは過去一年間において、FIDO採用の波に乗った最も最近のプレイヤーです。NNLのパスワードレス認証ソリューションは、業界によるサポート、グローバルの規制やマーケットでの需要によって、グローバルでの導入や採用を推進しています。BBVAのような大手金融機関はGDPRやPSD2要件に準拠すると同時にパスワードレス認証をその顧客に提供するためにNNLのソリューションを導入しています。NNLの顧客であるIntuitやT-MobileはNNLの提供するテクノロジーの活用による効果を含む内容について、Identiverseというイベントで披露しており、その効果はIntuitでログインの成功率が6%改善し、T-Mobileではそのユーザーからのパスワード再設定要求が65%から7%に減ったというものでした。さらにNNLの戦略的なパートナーである富士通の顧客であるアフラック生命保険株式会社での導入や、同じく戦略的なパートナーである日立製作所の顧客である三菱UFJ銀行での導入などもこれまでに実現しています。

2019年はNNLやFIDOアライアンスにとってモメンタムを感じられる年でした。そして、今回2020年の年初にAppleがFIDOアライアンスに加盟したことが業界における今後のさらなる採用を示すシグナルとなるでしょう。

Nok Nok Labsについて
Nok Nok Labsは、世界的な大手企業に対するコンシューマー向けパスワードレス認証の分野において信頼のおけるリーダーです。Nok Nok Labsは今日市場において最もイノベーティブな認証ソリューションを提供することで、グローバルな組織が最新のプライバシーや法律・規制に対する要件を満たしつつ、デジタルサービスへのアクセスにおけるユーザー体験を向上させることを支援しています。Nok Nok S3 Authentication Suiteは既存のセキュリティ基盤にインテグレーションすることで投資対効果が高く、将来に渡って有効に活用できる標準ベースのパスワードレス認証環境を実現します。
カリフォルニア州シリコンバレーに本社を置くNok Nok Labsは、堅牢なグローバル特許ポートフォリオによって保護されている独自の発明とイノベーションを提供しています。FIDO Allianceの創設メンバーであり、FIDO仕様の発案者であるNok Nok Labsは標準ベースの認証の導入におけるエキスパートであり、BBVA、DDS、Ericsson、Fujitsu、Hitachi、Intuit、Lenovo、MTRIX、NTT DATA、NTT DOCOMO、OneSpan、SoftBank、T-Mobileを含む顧客およびパートナーと連携しています。 詳細は、jp.noknok.comをご参照ください。

問い合わせ先: info-j@noknok.com